守るもの。

昨日、近所のゴミステーションの側で、何か大きなモノが車に轢かれていた。横目でチラリと見たら、かなりでかい亀。

大家さんに聞いたら、この時期、産卵のためアカウミガメが上陸し、地上をうろうろするらしい。

確かに、海は近いけど、今まで事故にあった亀は見たことなかった。

今年は大浜にすでに産卵した場所があり、囲いで覆われてたりするから、活発なのかな?

昨日は、成ヶ島の話も聞いたりして、現在の自然と人間について、はたまた、1億年前の地層から100万年前という単位の話まで、人間という生き物の与り知らぬ時のことまで、時空を移動する。

一度地上に出た植物が、個体維持のために、塩分濃度があるハードな海の世界に戻るのに一体何万年かかったのかなぁ?

でも人間は、合わなかったら自分たちの手で、環境を作り変えてしまうんだな〜

人間は都合の良い、管理された自然の中でしか生きられないんたなぁ…とかさ。

いろいろ考える夜。

(にしては、久しぶりに爆睡したけど)

変わらないこと。

変わってしまうこと。

変えること。

1億年後に、世界はどうなっているんだろ。

Kamata motoko Artwork

いのちをアートとして生きる。