Kamata Motokoコラージュ展2016

樹や花、風景などの自然の風景から生まれるアートコラージュの展示です。

「森の言葉を聞き、

 宇宙の言葉を聞く。

 闇の中に青空を見る。」

6/7(火)〜6/29(水)
ウエスティンホテル淡路 回廊ギャラリー


今回の作品は、淡路島で出会った樹々たちとの対話から生まれました。
物静かに見える樹々たちも、向かい合ってみれば、
培ってきた深い叡智と智慧を饒舌に語りかけてくるのです。
どうぞ、この回廊であなたの知らなかった樹々たちと出逢い、扉を開けてみてください。


今回は、作品を包む「衣-ころも-」として、岡山にて多角形シャーマンドラムを作っている龍太郎くんに、多角形の額を製作してもらいました。

龍太郎くんは、綿棒による多面体ワークもやりながら、猟師として鹿などを獲り、その皮を使って多角形の和製シャーマンドラムを作っています。

その太鼓の音、は、深く、また、円形のものとは又違った不安定さが面白く、とても興味深いドラムです。

彼のドラム木枠だけの写真をみていたら、これにはめたらおもしろいなーと思い浮かんできてしまい、相談。。

ドラムの枠よりも、薄く奥行きも浅くしてもらい、コラージュ作品に合うようにしてもらいました。

どの角形にするか、も、彼のインスピレーションにお任せしたところ、3の倍数である、9 12 15 18奇偶奇偶の並びの額ができました。

この「衣」と、コラージュとの響きあいも楽しんでいただければ幸いです。

額制作:「工房アマヒコ」龍太郎



Kamata motoko Artwork

いのちをアートとして生きる。