カタチが導く、新しい場所。

前に作ったのは、

上立岩と下立岩の形だったから

これもこれから行く場所を示しているのかもしれない。

頭では意識できないところで、自分はもうわかっているのだろう。

宮古島に行って石庭を見た時には

このオブジェたち(他にも数体ある)は

石庭を表してたのかぁと思ったけど、置いてみたらなんか違う。

そう、数種類あるけど、これだけなんか違う。

のちのちわかるんだろな。

エネルギーの渦。ボルテックス。

よじれ、ねじれ、うねりとなって繋がっていく。

作った形に、自分の囚われを見る。

この形には、ひとつとして整ったところはない。

そう、ものの有り様は、いつでもこうなのだ。

それを思い出す。


わかりやすい形をなしているものだけが、「存在」している全てではない。

それでも、それを形にしようとするのが、この世界の面白いところだな、と思う。

触れる、とは、何に対していう言葉なのだろう?

形をなす、とは、どういうことなんだろう。


この土から作られ、火で焼かれた存在は、

一瞬でまた土に還る。


その変質、が、好きだ。


何もかもとどまることを知らず、変わっていく。


それだけが、この世界のルールだ。

Kamata motoko Artwork

いのちをアートとして生きる。