多様性。


某スーパーで、寿司を作るバイトをしているので、
家にいてもふっと酢飯の匂いがしたりする。
それは単に記憶が滲み出して脳内で再生された匂いだと思う。
スーパーの寿司は、機械が作った飯玉にチューブのワサビを絞り
解凍した寿司用に加工された刺身を乗せて
少し握って並べていく。
忙しければ、飯玉はダンボールに入って業者から届く。
食べ物を作っているというよりも、
何か商品をパッケージングしていっているようではある。
慣れてくると特に。
あらゆるところが一定の仕組みで動いているのかと思えるけれど
細かいルールがひとりひとりあって、
どんなところにでも、差別化って出てくるもんなんだなぁ〜
などと思ったりする。
品質的にはマニュアルというものが存在するけれど
そのマニュアルに沿って、作るのは、多種多様な人間で
そこまでは管理しきれない。
食べ物は、機械製品よりも、作る人のバイブレーションが乗りやすそう。それが手袋越しの作業でも。
あんなに均一に並んでいるスーパーの食品でも
きっと毎日味が違うんじゃないのかなーと思う。
測りきれない、マニュアル化の隙間に潜んでいる何かが
味を変えるような気がする。
はじめ、ルールだらけの世界に馴染めるかな、と思ったけれど
そのルールを疑わず、仕事に意義とコダワリを見出して
それを生き甲斐にしたら
10年とか続けられるのかもな〜

均一品質大量生産、という世界は、つまらないし
その背景を気にしてしまうと、ざわざわするんだけど
なんだかんだと、そこにお世話になってたりもする。
その矛盾をかみしめつつ、あと数日通うのである。

Kamata motoko Artwork

いのちをアートとして生きる。